2017年12月15日

短期テーマ投資を「テーマ投資」カテゴリーに移動(2017/12/15)

eワラントを使った短期間のテーマ投資を「テーマ投資」カテゴリーを創設して、そちらに移動させることにします。これから、このカテゴリーに入る記事が増えてくるかもしれません。

今後とも拙ブログをよろしくお願いいたします。

以上です。
posted by とらのすけ at 15:44| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

テーマ投資「FOMC通過&年末相場」(2017/12/14)

今朝書いたテーマ投資「飽きられたハイテク株」は、図らずもソフトバンク株の大幅安が貢献し、無事成功しましたので、エヌビディアも含めて利確売却しました。

次のテーマは「年末相場」「FOMC通過」の2つです。

FOMC通過は、銀行株に弱気であることを指します。小幅な利上げはありましたが、期待が剥げて、米10年債利回りは2.369%(15:30現在)と小動きに終始しています。

「年末相場」は、年末に中小型株が強いことを指します。大型株については、大口投資家のクリスマス&年末休暇入りを考えて、手じまい売りや値動きが悪くなることを想定します。

FOMC通過をはじめとして、イベントは今週でほぼ終わり。世界の敏感株としての日経平均が弱いことを考えると、大型株は値上がりより値下がりを考えたいです。一方で、個人投資家による小型株買いが活発になるのが通例の年末ですから、マザーズ市場などは活況が想定されます。

というわけで、以下の2銘柄を選定して、朝方に買ってみました。

★三菱UFJフィナンシャル・グループ プット
★マザーズ指数 コール

これらは、来週への持越しもあり得ます。三菱UFJのほうは、ソフトバンク(プット型)の持続保有でも良かった気がしますが、一応今のところはこれで行きます。
posted by とらのすけ at 15:43| テーマ投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の競馬予想に幅ができてきた?(2017/12/14)

最近、ようやくですが、競馬予想でよく言われる「展開」にも目が向いていくようになり、予想に幅ができてきた気がします。

各出走馬の近走の位置取りから、今回の位置取りなどを予想しているのですが、案外当たっています。

それと、私の好きな種牡馬・母父馬からの「血統」予想。

この「血統」「展開」が、競馬では重要な位置を占めていると思っています。

これからもどんどんと良い予想ファクターを見つけて、予想に取り入れていこうと思っています。
posted by とらのすけ at 06:30| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テーマ投資「飽きられたハイテク株」(2017/12/14)

銀行株上昇に賭けたその次は、「飽きられたハイテク株」とします。

本日はFOMCの発表もありました。米株は上げていますが、欧州・新興国・そして、日本株は軟調でした。

世界の景気敏感株である、日本株の年末になっての変調には、注意を払わなければならないのではないでしょうか。

14日の東京市場は、夜間先物の動きからして、軟調な値動きが予想されます。そのなかでも、グロースのハイテク株は飽きられて売られるだろうとみて、eワラントで13日の夕刻に以下の銘柄に投資してみました。

★ソフトバンクグループ プット 数量:2000
★エヌビディア プット 数量:2000

どちらも、ここ最近弱い値動きです。投資家から飽きられた代表株として、売りから入ってみました。

良い結果を期待しています。
posted by とらのすけ at 05:47| テーマ投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

競馬雑感(2017/12/13)

気がついたら、2017年もあとわずかとなっていました。

私の馬券成績ですが、前開催の回収率が100%を超えていたように、年間トータルとしてみると、いつもになく調子のよい年だったのではないかと、今にしては思います。

もちろん、回収率年間トータル100%超は大いなる野望ですが、まあ、自分の収入の範囲内で馬券代を賄えていることに、まずは自信を持ちたいと思います。

馬券の調子は、良い時もあれば悪い時もある…そういうのを、良い時の方をいかに多くしていくかが課題であり続けることに変わりはありません。

さて、有馬記念が近づいていますが、私は競馬ファンとしては、有馬記念にそれほど思い入れのない方だと思っています。どちらかというと、年明けの競馬場での、何とも言えない清々しい雰囲気、というか、京都競馬場のすっきりとして晴れた新年競馬みたいなもののほうが、好きですね。

土日の唯一の楽しみですので、大事にしていきたいと思います。
posted by とらのすけ at 07:41| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

今週の私の投資テーマ「金利」(2017/12/11)

ほぼ9割がた、利上げすると思われている、米FRB。

私は、金曜日に一度、ポジションを整理し、日経のeワラントのコールを漫然と年末まで持つつもりで買っていました。

ところが、本日月曜日になって、日経平均に勢いがないことと、銀行株指数が強いことが気になり、日経コールを売却しました。

代わって、以下のeワラントを買いました。

★三菱UFJフィナンシャル・グループコール(263回)
★JPモルガン・チェースコール(10回)

テーマとしては、「米利上げ」あるいは「金利」などと呼んでもいいでしょう。利上げがほぼ間違いはないとは言いましても、金曜日にはJPモルガンの株価が底打ちし、上昇。金利上昇にポジティブな銘柄を持つのが良いだろうとの判断です。

今週は、「金利」上昇をテーマに投資していこうと思っているところです。
posted by とらのすけ at 15:23| テーマ投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

米国のエルサレム首都承認を投資の面からみて(2017/12/07)

12月6日の東京市場前引け後のお昼休みの時間だったと思いますが、米国がエルサレムをイスラエルの首都と認める決定をした、という大きな報道が流れました。

そこまでジリ下げだった日経平均は先物が急落し、現物市場も後場はギャップダウンのスタート、結局、この日の日経平均は今年最大の下げ幅を記録、445.34円安で大引けとなりました。

その最中ですが、Twitterでもタイムラインで混乱する投資家のつぶやきが観られました。ただ、「原油相場が動かないな」という、的を得たつぶやきも見られました。そうです、これが決定的に重要なんだと思いました。

「トランプが今度は中東でお騒がせを起こした」という印象をその日の夜までも報道は流していました。ですが、私は「実際は違うのではないか」とこのニュースが流れた直後からずっと感じていました。

今まで、米国政府は、イスラエルを必ずしも強く支援してこなかったのです。それが、核問題をはじめとしたイランの増長と中東地域の不安定化を招いてきたのです。

この度のトランプ政権の発表は、イスラエルをしっかりと支援するという単なる意思表示だけではなく、本気で中東地域の安定に米国が関わるという意思表示だと思いました。

これが、今回の米国の決定を原油相場が下げで反応した最大の理由です。トランプは混乱を招いたのではなく、長期的には安定をもたらす決定をしたのだと思います。

奇しくも、イスラエルの人口が、ディアスポラ(他国に散らばって居住)しているユダヤ人の数を上回ろうとしている今、米国は重大な決定を行いました。

私は、今回の事象が、最終的には、世界の平和に貢献するだろうと想像します。

さて、投資の面で考えますと、先ほど述べた通り、原油相場は盛り上がらなくなります。株式市場も、東京市場が一番混乱する、ブレグジットなどと同じパターンを踏襲したとみます。

5日から6日朝にかけ、為替や株のプット型eワラントを買ったのですが、日経平均が440円そこらの下げにとどまってしまい、今回のトータルの収支はプラスマイナスゼロで終わってしまいました。それが6日の14:30過ぎです。

そこで、eワラント日経平均コール型の、レバレッジ高めのものを、プットを全売却して、14時台に買ってみています。

東京市場は今週の金曜日にメジャーSQを控え、木曜日の値動きが気になりますが、大きな地政学イベントを通過したことで、大荒れリスクは後退したとみています。

まだ米国市場の引けまで3時間半ありますが、7日の日経平均の反発を期待したいと思います。(12/07 2:31)
posted by とらのすけ at 02:32| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする