2014年08月14日

夏の関西1dayパスで滋賀の旅(その2)

(その1から続き)
なんとか、16時台の特急の乗車に合わせようと、当初の予定を変更することを画策。大津の少し先にある、膳所城の跡へ行くことを思いつく。膳所駅近くの義仲寺(ぎちゅうじ)には、松尾芭蕉の墓があるのだが、あいにく、月曜日は休みで行くことができない。膳所の城址などをゆっくり歩いていると、どう考えても当初のダイヤには乗れないと悟った。

そこで、思い切って彦根へ行き、彦根見物をしてから京都に戻って、最終のスーパーはくと号に乗って帰ることに決めた。なぜだか、JR膳所の駅前の京阪膳所駅の改札をくぐってしまったので、京阪電車でゆっくりと石山まで行くことになった。石山からJRの新快速で彦根へ向かった。

彦根城は、知人の車でお堀を回って、天守閣を見たことはあったが、登城したことは無かった。もう時間的には閉城間近で、夕方だったため、暑さもかなり和らいでいた。

簡素な天守閣ではあったが、最上層に登ると、涼しい風が窓から吹き込んできて、気持ちが良い。多景島(たけしま)や竹生島(ちくぶしま)を湖の中に見つけることができた。(写真は、彦根城と多景島)
hikone-jo_01.jpg
biwako-takeshima_01.jpg

JR彦根駅から新快速で京都へ戻り、夕食・土産を調達した後、特急で鳥取へ戻った。

今回使用した『関西1dayパス』シリーズは、四季を通じて特典を変えつつ販売されており、特典の私鉄乗車券などを使用した旅も一度やってみたい気がする。

今回で、滋賀の名所はだいぶん行ってしまった気分でいるので、今度は、関西南部など、あまり行ったことの無い地域にも出かけてみたいと思った次第である。(了)
posted by とらのすけ at 21:14| 旅日記(競馬観戦以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の関西1dayパスで滋賀の旅(その1)

友人と行く予定だった、九州旅行が、台風11号の襲来でフイになってしまい、上昇したボルテージを持って行く場が無くてモヤモヤしていました。

11日月曜日。朝起きたら、ちょうど6時を過ぎたところでした。「やっぱり、鳥取を脱出したい」そういう気持ちから、8時台の特急スーパーはくと4号にはまだ間に合う時間だったことから、関西地方への日帰りを即座に決断しました。

購入したのは、『夏の関西1dayパス』と、その末端になる上郡駅までの鳥取方面からの乗車券往復分。それと特急券。日帰りでない、JRによる関西との往復であれば、『京阪神往復割引きっぷ』が最も安いのですが、日帰りであれば、前述の『夏の関西1dayパス』を買った方が、鳥取方面から京都以東まで往復する場合、最も安いのです。今回の日帰り旅には、これを使うに良い機会でした。以下、旅行記をお伝えします。


特急スーパーはくと号で上郡まで乗車。上郡駅で下車。その後続の普通列車で相生まで行き、相生からすぐに赤穂線から来た普通列車で姫路方面へ向かう。お盆の行楽期間入りと言うこともあり、相当数の乗客がいる。

新快速が姫路より西の網干始発であるため、案内放送があったこともあり、姫路より前の網干駅で大多数の乗客が下車。網干駅はにわかに乗換え客でごった返す。程なくして、米原方面行きの新快速が入線し、姫路に行くより前に座席が乗客で一杯になってしまう。

新快速で京都駅の一つ先の山科まで行き、駅前のロッテリアで腹ごしらえ。なぜか、朝からさほど空腹ではない。すぐに、敦賀方面行きの湖西線新快速電車で比叡山坂本駅へ向かう。

まず目指す先は、日吉大社である。比叡山坂本のケーブルカーのりばに向かう途中にあるのだが、今まで立ち寄ったことの無かった場所。『山王さん』の総本山でもある。

大きな森の中に、お社が点在しているのだが、何とこの神社、文化財・森などの維持を名目に、参拝料を取るのである。これは極めて遺憾なことで、神社は無差別に参拝料を徴収すべきでは無いと思う。

と、文句を先に述べたが、森の中は清水が流れ、森林浴ができる気持ちの良い境内である。
hiyoshi_01.jpg
hiyoshi_02.jpg
特に印象深い神社かと言われると、そこまでは行かないが、旅の英気を養うには良い場所で、暑さをしばし忘れることができた。この日は、台風が過ぎ去って間もなく、日差しはそれ程強くない曇り気味の天気だった。

バスに乗って、比叡山坂本駅へ戻る。ここで、重大なミスをしていることに気がついた。これから彦根に行っても、観光して余裕で16時台の京都発のスーパーはくと号に間に合うと思っていたのだが、時間はすでに14時を回っており、1時間、時間を間違えていることに気がついたのだ。かなり頭の中では慌ててしまった。
(つづく)


posted by とらのすけ at 20:52| 旅日記(競馬観戦以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

地元の山陰を小旅行した一日(2014/07/20)

前回の記事で、拙ブログも300回目の記事(消してしまった記事も多くありますが、とりあえず残っているものだけでこれだけ)となっていたようです。

さて、先日、松江市の島根県立美術館の浮世絵展を鑑賞してきました。写楽や歌川広重の浮世絵などを見ることができました。

その前になりますが、腹ごしらえに出雲そばを食べました。この日は、松江の武家屋敷の並びにある、「八雲庵(やくもあん)」というお店に入って食べました。
八雲庵の四段割子そば

私はそばにはかなりこだわりのある方だと自認しています。味は「ふつう」の部類ですね。そば湯が出なかったので、客を早くさばきたい店であることが窺えました。確かに、順番待ちをしなくてはいけないほど店は混んでいました。近所にもうひとつお店を見つけたので、今度はそちらのお店に入ってみようと思います。

最近思いますが、山陰の観光地と言えば、車で言えば、関西・四国や広島ナンバーの車がほとんどという印象でいました。言葉も西日本の方言がよく聞かれたように思います。ところが、最近では、上記のそば屋などでの食事の折も、標準語がよく聞かれるようになりました。どうも、関東近辺からも多くの観光客が流入してきている模様です。全国から山陰へ関心が向いているのは、非常に喜ばしいことと思います。『行ったこと無かったけど、行ってみたら、いいところだった』という感想を持つ人もいるんだかいないんだかわかりませんが、きっとそんな感想をいだいた方々も多いのではないでしょうか?

TVの旅番組などは、取材に行きやすいところにスポットが集中しがちの傾向があると思います。山陰は交通の便が悪かったので、東北や信州などの後塵を拝していたように思いますが、出雲の遷宮と、インターネット情報の発達で、公平に取り扱ってもらえるようになった気がします。今後も、山陰に多くの方が来て下さることを願ってやみません。

この日の晩は、鳥取県中央部にある東郷湖の『水郷祭』の大花火大会があったので、鑑賞してきました。東郷湖の畔には、一躍有名になった『はわい温泉』があります。
鳥取県のはわい温泉の花火

カメラの静止画の手持ち撮影なので、綺麗に撮れませんでした。手ぶれをごまかせる、動画撮影の方が良いですね。花火は夜の9時まで上がっていましたが、湖畔で上がる花火は、なかなか良かったです。

とりあえず、こんな一日でした。
posted by とらのすけ at 21:22| 旅日記(競馬観戦以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする