2017年03月13日

阪神競馬場7度目の訪問(2017/03/12)

3月12日、阪神競馬場に日帰りで行ってきました。

京都競馬場よりも、行き帰りの交通の便が良いので、阪神競馬場の方が気に入っています。

今回は、馬券的には何の面白みもなく、外れがほとんどでしたが、旅行してきた気分ですね。しばらく間を置いて、また行きたいと思います。

帰りの電車は、臨時急行の梅田行きに初めて乗車しました。西宮北口駅に停車しないというのが面白かったです。
梅田までの途中停車駅は、仁川を出て、塚口と十三のみでした。
posted by とらのすけ at 20:37| 競馬場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

京都記念観戦(2017/02/12)

去る2月12日(日)に、京都記念を京都競馬場で観戦してきました。

この日の競馬成績については、特にこれといって、ブログ読者の皆様にお知らせするような話がありませんが、備忘録として、書いておきます。

旅としては、とても楽しいものでした。来月の阪神開催も、競馬場訪問を実行するつもりです。(了)
posted by とらのすけ at 03:26| 競馬場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

2017年初春の京都競馬場訪問観戦記(その3)(2017/01/10)

その2からのつづき
この2日間は、投票所で紙の馬券を全く買うことはせず、インターネット(即PAT)からの投票で済ませた。紙の馬券を買って、万が一高額払い戻しを受けることになると、現金の持ち運びが面倒になるし、財布の中は小銭だらけになって財布が膨らんでしまうから、毎度困っていた。「もう、紙馬券は何度も経験したからいいや」といった気分だった。

前開催(前日土曜日)までは、中山も京都も、天候に恵まれて堅い馬券決着が続いたが、今日は天気が悪化しそうなので、その悪化での馬場変化に賭けるしかない。馬場は変わらなくても、気温が下がるだけでも着順に影響はあるだろうと見ていた。

京都競馬2レース。なぜか、2レース目から新馬戦。類似状況での過去データが少ないので、手がかりが乏しいレースだったが、唯一のファクターが馬体重くらいだったろうか。血統で絞り込むにはサンプル数が少なくて、心もとなかった。

そのため、メイショウボーラー産駒の11番のメイショウマライカの1頭軸ながしを検討したものの、心もとなかった。他に選んだ馬が6頭だけに絞り込めたので、11番と合わせて7頭。7頭なら3連複のBOXが組めそうだったので、それを実行。

1番タガノマニカ・5番スマートカペラ・7番イサチルリョウマ・8番マリアベーラ・10番オスカークイーン・11番メイショウマライカ・16番ブリッゲンの7頭を抜擢。

レース中、4コーナーでアクシデント発生。8番の1番人気マリアベーラが走行中に馬体に故障を発生して転倒。8番と3番が騎手の落馬で競争を中止。

なんと、事故に遭わずに先に入線できた3頭が、自分の買っていた馬だったという、不幸中の幸い。3連複が的中。オッズは3076.2倍で、307,620円の払い戻しとなった。これは、自己最高記録の獲得配当である。

その後も3連複万馬券ラッシュ。午後の最初のレースである5レースで3連複45,010円。次の6レースでも3連複33,680円。7レースは13番人気馬の1頭軸ながしで強気に行って、これが3着に入って、3連複21,670円。こんなに立て続けに3連複万馬券が獲れたことなど、過去になかったことである。

まさに、伏見稲荷大社参拝の御利益大爆発。

メインレースは、中山・京都とも外れてしまったし、中山競馬は1レースも的中できなかったのだが、今日はもう配当金でお腹いっぱい。12レースを待たずして席を立ち、京都競馬場を後にした。

帰りは新大阪駅で売っていた、鹿児島の松栄軒の鹿児島黒豚ワインステーキ弁当と、釧路のかき弁当を買い、高速バス車内で、かき弁当を食べて夕食とした。馬券勝利で弁当もいつもより美味しく感じられた。

2日間連続競馬場観戦旅行は、精神状態も不安定をきたすことなく、大成功の裡に無事終えることができた。今年は、競馬場訪問の回数が昨年以上に増えそうな予感である。(了)

manbaken-shomei_20170110_01.png
posted by とらのすけ at 18:39| 競馬場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年初春の京都競馬場訪問観戦記(その2)(2017/01/10)

その1からのつづき
◎1月8日(日)

ホテルの自室で全身を洗い、とりあえず下着を着替え、「さて、今日も早朝から動かねばならないだろう」ということで、競馬場までの経路を思案。

「石清水八幡宮は、馬券勝利にはご利益が無かった」と判断し、本日は別の神社への参拝を検討。真っ先に思い浮かんだ神社は、伏見稲荷大社であった。

伏見稲荷大社には複数回参拝したことがあるが、滞在時間の関係で、ご神体である稲荷山への登山は一度もできていなかった。今回は、早朝で天気も下り坂であるが、競馬場開門の9時までには十分な時間があると考えた。そこで、稲荷山登山をすることを考えた。

連泊でお世話になったホテルを、6時台前半にチェックアウト。ここはまた泊まってみたいと思えるホテルであった。

さて、今度は京都駅を目指す。新幹線も考えたが、所要時間であまり変わりのない在来線で京都駅へ行った。

京都駅改札出場後、すぐに再度改札を通り、JR奈良線の電車に乗車。そして2つ目の駅、稲荷駅で下車。駅の目の前がもう伏見稲荷大社である。

IMG_0373.JPG

たしか、今回ここは4度目か5度目のの参拝である。まだ空は曇り空も手伝って薄暗かった。

IMG_0376.JPG

本殿でまず馬券の成功を祈願。そのほか、家族の健康・平和などを祈願。

さて、時計を見ると、思ったよりも時間が無い。急いで奥宮を目指す。まだ暗いため、参道には電灯がついていた。

IMG_0377.JPG

奥宮で拝んで、さあ、初めての稲荷山登山。このところ、自宅から一日平均1500歩くらいは出歩くようにしていたので、足は良く動いた。心肺機能は明らかに弱っているが、足が動けばなんとかなるものである。

IMG_0379.JPG

そして、登山コースの途中の四ツ辻に到達。ここから、京都盆地の南部方向が一望できる。そのあと、小さなお宮でここまで到達したしるしに御賽銭を入れて再び祈った。

IMG_0382.JPG

そこから、下山道を通って急いで本殿に戻り、JR稲荷駅には余裕をもって戻った。

稲荷駅から今度はバックして、1つ京都駅寄りの東福寺駅までJR奈良線で戻る。そこから、京阪電車に乗り換え。やってきた準急で淀駅を目指した。車内は競馬開催日なのに、空いていた。

到着。京阪淀駅2日目。この日はあいにくの曇り空。天候の悪化は明らかで、お昼までに雨が降り出すのも時間の問題という感じである。

IMG_0385.JPG

IMG_0387.JPG

9時の開門を待って、入場料を支払い、入場して一路、指定席券引換所へ。またハンドスタンプを押され、今日も特A席の同じような位置の最前列席に着席。パソコンを拡げて、準備完了。早速予想作業に移った。

IMG_0388.JPG
先ほども述べたが、この日は雨模様で、京都競馬場特有の朝の指定席の眩しい日差しが無かった。前日土曜日はいつものことではあるが、日差しが眩しくて、パソコンの画面が非常に見にくく、しかも冬でも冷暖房完備フロアにいるので暑い。今日はうって変わって過ごしやすくなりそうである。(その3につづく
posted by とらのすけ at 09:00| 競馬場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

2017年初春の京都競馬場訪問観戦記(その1)(2017/01/09)

2017年の中央競馬が金杯開催の1月5日よりスタートしました。

私は、昨年末から、初春の京都競馬場で競馬観戦を計画し、1月7日・8日に訪問することを決め、1月6日から8日まで京都・大阪に滞在しました。以下、その模様をお伝えします。

◎1月6日(金)

午後、鳥取を出発。当初は、この競馬場訪問も、いつもと同じく、現地観戦は1日間のみと考えていたが、今回は思い切って、土日両日、朝の1レースから夕方のレースまで観戦することを決めた。これは、自身にとって初めての試みである。旅行の最中に、体調が悪化して困る場面もあるのではないかとの危惧もあったが、2日連続現地観戦というのは、是非ともやってみたかったので、実行に移すこととなった。

夕方、大阪市内の宿に到着。この宿で連泊で滞在することとした。

夜に、大学時代のサークルの先輩と再会し、会食。久しぶりの再会で、楽しい時間を持つことができた。

◎1月7日(土)

まだ夜が明けぬうちに起床。のんびりとパソコンやスマホを操作したりして過ごして、ホテルを出発。駅で今日の昼食となるサンドイッチセット等を買い、京阪電車の淀屋橋駅へ向かった。

淀屋橋から特急に乗り、枚方で準急に乗り換え、八幡市駅で下車。すぐに、ケーブルカー乗り場へ向かう。

IMG_0353.JPG

男山ケーブルカーは、石清水八幡宮のご神体である、男山へ簡単に登るためのケーブルカーである。石清水八幡宮へは、少し迷いながら、大学時代の先輩と、歩いて登ったことがあるのだが、今回は無理をせず、往復ともケーブルカーを使った。

IMG_0356.JPG

石清水八幡宮は、破魔矢もまだ販売されていたようで、正月ムードであったが、さすがに参拝者は平年並み程度の様子。ただ、前回訪問時との相違は、修復中だった(と記憶しているが)本殿がすっかりピッカピカになって姿を現していたことである。

IMG_0357.JPG

IMG_0365.JPG

今日の馬券勝利と、自身の健康、家族の平安などを祈り、帰路へ。高台から、淀の駅、京都競馬場のスタンド、京都市内が一望できるポイントである。

IMG_0369.JPG

ケーブルカーで下山後、すぐに、八幡市駅にやって来た列車に飛び乗って、隣の淀駅で下車。臨時出口を経て京都競馬場に到着である。

競馬場は、午前9時丁度にならないと、入場券売り場が開かない。20分ほど待って、9時に入場。建物内に入り、指定席券引換所でハンドスタンプを押され、特A指定席最前列に着席。

この日は、馬券が外れ続け、苦戦した。京都と中山の両メインレースの3連複は的中させられたが、回収率は49%と振るわなかった。「明日はどうなるだろうか」と不安にもなった。

この日の大阪市内への帰路は、京都競馬場から阪急西山天王山駅行きシャトルバスで西山天王山駅を初めて訪問。

IMG_0370.JPG

ここから、西へひと駅の大山崎駅まで行き、そこから徒歩でJR山崎駅へ向かった。そして、そこからJRで大阪市内へ向かった。結論として、この経路は、大阪へ向かう時には、特に利用価値は無さそうであった。

夕食後、ホテルの自室に戻ったが、施錠後、部屋の電気も消さず、そのままベッドに倒れて着替えもせず寝ていたようで、6時間以上寝てしまったようである。それでも、目の覚めた時間は深夜3時ごろである。

と、まあ、大した面白くもない結果だった金曜日と土曜日であったが、このあと、日曜日にとんでもないドラマが待ち構えているとは、この時は想像だにしなかった。(その2につづく
posted by とらのすけ at 18:24| 競馬場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

2016年チャンピオンズカップは7度目訪問の阪神競馬場で賭けました(2016/12/04)

去る11月12日に、京都競馬場に行ってばかりでしたが、少しだけ、懐具合に余裕ができたと思ったので、今月も競馬場を訪問することにしました。12月後半の指定席をとるのはかなりの難関なので、自然と12月第一週に行くことが決まりましたが、12月4日(日)のダートG1、チャンピオンズカップが中京競馬場で行われる日の阪神競馬場の席が取れたので、この日に行くことに決めました。以下、その模様をお伝えします。

前日土曜日に引き続き、鳥取は好天…かに思われた。しかし、現地関西地域は、午後から天候が悪化することとなり、まさに天候急変であった。

高速バスで鳥取出発。朝だが、いつものバスよりも少し出発時刻の遅いものを選んだ。午後のレースから観戦できれば良いと考えたからである。バスは、予定より10分近く神戸三宮に早着した。

阪急電鉄で神戸三宮駅を出発し、途中、西宮北口駅で乗り換えをして、仁川駅下車。思ったよりも早く、阪神競馬場に到着した。

JRAカードを窓口で提示したあと、ハンドスタンプを押され、予約しておいたA指定席(2300円)エリアに入場、着席。すぐに持ち込んだPCを広げ、競馬予想に入った。今日は、全ての馬券をネットではなく、券売機で購入することに決めた。予算は1万円。

最初に賭けたのは、中京競馬の新馬戦だったと思うが、そこで2千円近くがフイに。「このままの賭け方をしていたら、メインレースまで持たないな」と悟り、そのあとのレースから、単勝&複勝馬券の購入に切り替えた。

最初の的中は中京競馬の9レース栄特別。2頭選んだうちの1頭が1着となった。下の写真がその的中馬券。

baken_20161204_01.JPG

この日の馬券は、外れも多かったのだが、当たり馬券を中心に話を進めていきたい(苦笑)。

次に的中したのは、阪神9レース、シクラメン賞。少頭数全9頭出走のレースで、当初は軽視していたレースだったのだが、少頭数であれば、馬単で大きく儲けられる可能性もあるな…と考えた。1・2番人気は、当該コースが得意なディープインパクト産駒だったが、「2着に他の馬が来ると、配当が跳ねそうだ」ということで、この上位人気2頭をそれぞれ1着固定の馬単で総ながし。相手は8頭で、計1600円。少額に見えるが、今日は今までの競馬場訪問時の3分の1から4分の1くらいの予算しかないので、それを考えたら、勝負馬券といっても過言ではない。

結果は、1着は1番人気馬。そのあと6番人気馬が辛くもハナ差で2番人気馬よりも先着して、馬単41倍。4100円の払い戻しで作戦大成功。これで、メインレースに余裕を持って賭けることができることとなった。

baken_20161204_02.JPG

そして、この日のお楽しみである、中京競馬場第11レース、チャンピオンズカップ(G1)。アウォーディーが前評判通り断然の1番人気。私も、アウォーディーを1番手と考え、アウォーディー1着固定での馬単を買った。相手選びは非常に難しい、難解なレースに思えたため、総ながしとした。

しかし、アウォーディーの馬単だけでは万全とは言えないと思った。他馬の台頭も考えて、「3着以内に入りそうな、他の2頭はなんだろう?」と考えた。3連複は金額が大きくなるので、この日は一切買わないと決めていた。そうなると、穴馬を探してワイド馬券総ながしが楽だ。とにかく、軸になる馬を探さなくてはならない。

中京競馬場ダート1800m良馬場で特別戦のみに絞ると、その条件で強い種牡馬が何頭か抽出された。その中で、私はアグネスデジタル産駒に注目した。今回の出走馬で該当するのは、アスカノロマンとモンドクラッセであった。

単勝人気とかは全く勘案することなく、アスカノロマンとモンドクラッセをそれぞれ軸にしたワイド総ながしを購入。これでこのレースは勝負である。

baken_20161204_03.JPG

結果は、モンドクラッセは先行したが最後の直線で脱落。アスカノロマンが最後まで頑張り通して、3着に滑り込んだ。アウォーディーは優勝馬サウンドトゥルーに越され、2着。

baken_20161204_04.JPG
当たったのは、単勝10番人気(40.4倍)の、アスカノロマンからのワイド馬券であった。2通り合計で4950円の払戻しなので、購入総代金(1400×3=4200円)をとりあえず上回る結果になった。満足した。

そのあとの中京競馬場の最終レースもワイド総ながしが的中。

収支は大幅にマイナス(-8000円ほど)だったが、お目当てのチャンピオンズカップ、目の前の阪神競馬共になんとか的中で、個人的には十分満足の一日を過ごすことができた。

午後10時前に鳥取帰着。鳥取も雨であった。

2017年も、1月の京都競馬場から、競馬観戦にチャレンジしたいと思っている。
posted by とらのすけ at 07:36| 競馬場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする