2017年03月24日

満足できた今週の投資成績(2017/03/24)

今週は、今年初めてのFX取引を行いました。また、eワラントでも、久しぶりに株価指数を原資産とするものを使いました。

結果、FXはほぼ全勝レベル、eワラントは大幅増益で終えることができました。とても嬉しいです。

勝因を考えてみましたが、ひとつは、FXをするうえで利用する情報を限ったことでしょうか。情報は手口情報を主に使い、時事ニュースはあまり考慮しなかったというか、意識的に考慮しないように努めました。

eワラントもだいたい同じような思考で、FXに材料がなければ、株式投資にネタを見出すといった感じで、日経平均を原資産とする、高レバレッジのeワラントを半日と少しほど、保有して大きな利益を上げたりもしました。

FXについては、少量の通貨量で、無理をしないで取り組んだことも良かったのだと思います。ポジションの保有中に一時的に評価額がマイナスとなったときも、慌てることがありませんでした。

eワラントも、多額をつぎ込むことなく取り組んだのが、良い結果に結びついたのだと思います。

結局、余裕資金もすべてをつぎ込まず、さらに余裕のある状態でポジションを組んでいると、多少レバレッジがかかっていても気持ちにも余裕があるのでタイミング良く売買ができるのだと思います。

今回の成功が、今後の糧になってくれないだろうかと思っています。
posted by とらのすけ at 17:27| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

株が下げ相場の舞台に出てきたか?(2017/03/22)

昨日の米株は、下げ続けて終わりました。

私は、eワラントでポンド円のコールを買っていたのですが、夜早いうちに、不安になって利確してしまいました。ただ、結局はこれが最善手だったことになりました。

そのあと、FXで豪ドル米ドルのショートをして、いつの間にか寝てしまったのですが、起きてみたら、これも成功。まずまずの利益となりました。

今朝は、久しぶりに株が相場の主人公となったかたちですので、ここは、株を原資産とするeワラントを素直に活用することに決めました。eワラントで日経平均のプットのレバレッジ高めのものを買いました。これも、今のところ、含み益が出ています。

そして、FXでオーソドックスなリスク回避通貨ペアである、ドル円のショートをして、推移を見守っています。

eワラントの本日の売れ筋ランキングをTOP20まで見てみますと、ほとんどが、日経コールでの逆張りです。なんとなく、私は下継続のような気でポジションを作ったのですが、多くの人は、リバウンドすると見ているようです。

このあと、ロンドン勢などがどう為替を動かしていくのかが注目されます。英独株のCFDは続落気配なので、これが市場が開いた後、継続するのかにも注目です。本番はNY市場ですが、小型株や金融株のETFを見ると、トランプ相場開始以来の加重平均値(VWAP)を割り込んでしまったそうで、トランプ相場も半分終了した感もあります。今日明日などの株式市場の値動きには注意を払いたいと思っています。
posted by とらのすけ at 15:39| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

ポンド買い(2017/03/21)

原油の動意がサッパリなくなってしまいました。eワラントの投資では、値動きがないのが一番ダメなので、今朝のうちに原油プットを切りました。

ドル円プットも朝のうちに利益確定売り。結果的に見るとよい判断でした。コーン先物コールは、エントリー自体に疑問を感じたので、これも売り切りました。

今週は、eワラントにあまり注力せず、中央競馬を頑張ろうと思っているので、資金捻出のため、eワラントの売却代金の一部だけを再度の投資に充てることにしました。

真っ先に注目したのが、英ポンドです。昨日はEU離脱通告日を3月29日と決定したとの報道を受けて、大きく下げましたが、これを安値拾いの好機と捉えました。朝のうちに、英ポンド円のeワラントコール型を買い、ポンドの上昇に期待することとしました。上手くいった場合は、数日間持てるかも、と期待しています。
posted by とらのすけ at 15:00| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

どうなる?明日の相場(2017/03/19)

珍しいタイトルにしてみましたが、明日、何か特別なイベントがあるわけではありません。

明日は祝日なので、日本はお休み。米国・欧州は動いている…となれば、為替は円高攻撃を仕掛けられるのがほとんど常です。

私も、金曜日の米国市場を見て、相当な円高攻撃があるのでは?と予感しました。その一方で、日本企業のドル買い注文も邦銀系経由でびっしりと下値で並んでいるとの観測もあります。為替は、一進一退と考えたほうが良いのかもしれません。となると、短期トレードのほうが良いのでしょうか?長期円高を想定したeワラントの買い方を行ってみたのですが、早々に修正することになりそうです。

そのほかの資産クラスについても考えます。まず、原油。これは、先週、大口投機筋の先物買い越し枚数が14週ぶりの少なさになったそうです。だいぶん買建は整理されてきてはいます。期近の価格が大幅下落して50ドルを割り込んだ後、下へ行く動きも鈍くなったのは、そういう事情もありそう。さらなる下攻めに期待するのか、いったん手じまうか、迷うところです。※(後述)買建が減ったのではなく、売建が増えて、差し引き買建超過が減っただけでした。

また、先週末は、コーン先物のコール型eワラントにも手を出してみました。こちらは、大口の投機玉に追随するのがいいとは思ったのですが、後でよく需給を見ると、なんとも中途半端な位置でした。上にいくかもしれないし、下にも行きそうだし…というような感じです。今週中にはっきりとして、思った方向に決まってくれたら最高なのですが、ちょっとまだわかりませんね。

私は、株バブルが今年で終わるとみているので、早晩円高や原油安、それに株安も1年もたたないうちに襲ってくるだろうと思っています。為替が一方通行的にならないだろう旨、書きましたが、あくまでも春の間の話です。どの資産クラスをとってみても、相場が崩れるまでにはまだしばらくの間待たねばならないと感じますが、原油あたりが最初に崩れて、株は最後とみて、株にはあえて触れないでいます。
posted by とらのすけ at 07:11| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

FOMC後は予想と反対の結果に(2017/03/16)

15日(日本時間16日未明)のFOMCでは、予想通り金利の引き上げが発表されたものの、市場の反応は予想と真逆で、円高ドル安に振れてしまいました。

それでやむをえず、16日朝の取引で、ドル円コール型eワラントを損切り。それに加え、日本株も「ダメだな」と見切りをつけ、日本株を原資産とするeワラントコールも全売却しました。

その売却代金を使い、原油リンク債プット型eワラントの再度の買い増しを行いました。

今回のイベントを通じ、利上げをしてもドル円が大して上がらないことを確認しました。日本株も盛り上がらず、米株だけが上がったことで、日本株(とくに主力株)への投資は無駄であることも理解しました。

米国も小売売上高がほぼ横ばい。FRBのイエレン議長も「米国の雇用者数は維持可能なペースを超える速度で増えている」と述べるなど、景気が株高頼みになっていることが明らかです。もう今年あたり、景気拡大も終了することが考えられるので、あと少しで株も終わりかな、と思わされますし、債券の出番も近づいていると感じます。

当面は、景気、さらには株価にも先行して動く原油の下げを利益とすべく、eワラントの原油リンク債プットへの投資に注力するほか、預金を粛々と行うものの、夏あたりに解約して債券に乗り換えてみようかな、などという妄想を抱いています。

posted by とらのすけ at 07:48| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

利上げ加速も期待できるFOMCですが…(2017/03/15)

本日、3月15日(日本時間16日未明)は、米FOMCの政策金利発表日です。

利上げペースが加速するのかどうか、期待もありますが、為替への投資を日ごろやっている投資家からすると、直近の為替相場の動きは、難しそうな感じに見えてしまいます。

相場というのは、難しく理屈をこねくり回してみても、袋小路に入るだけで、案外単純に考えたほうが、上手くいくことも多いという経験があります。

株も為替も、弱気筋が相当数存在する現状ですので、これまで考えてきた通りに素直に「利上げ」というものに合わせて相場を考えることと、「安く買って、高く売る」という相場の大原則をセットで考えて、投資を実行したいと思います。

具体的には、ドル円と、米利上げで恩恵を受ける株式銘柄を原資産とするeワラントを買うことになります。米国株が安く帰ってきているので、投資しやすいと思います。

エントリーするタイミングで、損益に差がつくとは思いますが、それを考えていても仕方がないので、朝のうちに仕込んでいくと思います。
posted by とらのすけ at 05:49| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする