2017年02月26日

少点数競馬の難しさを実感しました(2017/02/26)

前回の記事で書きましたが、今週から、少点数の馬券でレースを当てにいくことを考えて、土曜日からそのつもりで中央競馬を始めました。

土曜日は、いいところなく終了。すべて外れたわけではありませんが、面白みに欠ける競馬でした。

日曜日。単勝はやめて、ワイドと3連複を少点数に絞って買う戦法に変更しました。抜擢する頭数は最大で5頭までに抑えましたが、それでもワイドしか当たらず苦戦。結局、午後の部の途中でお金(入金した1万円)が尽きてしまい、昼食後しばらくして、ふて寝をしました。

それで、目が覚めたのが、15時50分過ぎだったと思います。どうしようかとは思いましたが、「ここで当てておきたい」という思いが強く、JRAダイレクト(クレカ決済)に切り替えて、最終レースへの挑戦を決意。

小倉はもう時間が迫っていたので、阪神と中山の最終レースにチャレンジ。

まずは、阪神競馬。事前に予想をしておいたのが、馬場コンディションは変わったものの、引き続き通用したので、抜擢頭数は6頭で不変でした。比較的頭数の絞り込みのうまくできたレースでしたが、1頭軸+相手5頭にする自信が持てなくなったので、6頭ボックスに変更して、20通り各100円で、計2000円の購入となりました。

結果は、抜擢馬が1〜4着を独占し、3連複が的中。当初から軸馬と目していた11番人気の馬が3着に入り、18390円の払い戻しとなり、今日はプラス収支が確定しました。

中山競馬は1着馬しか買い目に入っていなくて、外してしまい、2000円損でしたが、本日はトータルで4000余円のプラスとなりました。

やはり、中央競馬では、「3連複馬券はどうしても収支改善に必要」と判断せざるを得ない結果となりました。

予想作業が比較的スムーズに進んだレースは、結構当たるのですが、難解に思ってしまって、頭をひねったレースはだいたい当たりません。そのあたりを選別して賭ける、つまり、レースを絞ることができれば、収支はさらに改善するでしょう。

地方競馬は、SPAT4に加入したものの、データ量が少ないため、あまり積極的にお金を投じる気が出てきません。平日に暇過ぎに感じたときのみ、やることになるでしょう。
posted by とらのすけ at 20:32| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

SPAT4で馬券の基本フォーム作り(2017/02/21)

この日は、地方競馬の馬券がJRA経由では買えない日でした。

家で昼過ぎまで留守番をすることになり、「何か暇つぶしになることはないか?」と考えて、JRAのレーシングカレンダーを見て、地方競馬の馬券を買えたらなと思ったら、発売日ではありませんでした。

地方競馬全国協会のページを見ると、当日は地方競馬を開催していることがわかりました。それで、以前から気になっていた"SPAT4"(南関東4競馬のネット経由馬券購入サービス)に加入手続きをした次第です。

SPAT4では、ホッカイドウ競馬や笠松競馬、園田競馬なども購入できることがわかりました。当日の開催でSPAT4を使って買えたのは、浦和・笠松・園田の3場。

「競馬予算の削減をしつつ、自分の楽しみとして残していく」という命題をいかにしてクリアしていくのか、つまり、どの券種であれば、楽しみつつ小予算で、しかもほどほどに的中させられて、継続して買っていけるのかを、地方競馬の馬券を買うという機会を使って、明らかにしていきたいと当日は考えていました。

まず、2千円入金。最初に浦和と笠松のレースを、3連複やワイドで賭けてみましたが、1レースも的中することなく、あっという間にお金は午前のレースでなくなりました。

それで、留守番終了後は、昼食を摂って、ふて寝していたのですが、各競馬場の10レース開始時刻前に目が覚めて、その直後に思いついたことが、「単勝を数点買って、その馬同士のワイドも買う」という作戦。

3連複が今の自分にとっては余計な出費であると悟りました。それで、早速コンビニに行って追加で2千円入金しました。そのあと、4レースくらい賭けたと記憶しています。

再開後のレースでいきなり単勝とワイドが的中!その後もはずしたレースはあったものの、約500円のマイナスで終えることができました。

この経験を通して、今週末の競馬の基本フォームができあがりました。基本は「単勝3点+ワイド3点」です。これで1レースあたり600円の出費。10レースくらいやれば、何かしら的中すると想定すれば、現実的な買い方です。

中央競馬となると、地方競馬と違って多頭数となり、難易度が増すことでしょうが、この日の経験を生かして、週末は基本フォームで試行してみます。ダメならまた修正するまでです。
posted by とらのすけ at 01:19| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

現在の運用状況(2017/02/20)

「今年は株式投資はしない」ということを先月のうちに決めてから、ちょうど1か月ほど経過したでしょうか。

「今年の運用は債券で」というタイトルの記事も書いた記憶があります。

さて、現在の私の運用状況ですが、なかなか財政的余裕が生まれず、苦労はしているものの、今月も運用に資金を充てることができました。

国内債券インデックスファンドは、解約しました。解約せざるを得ないほど、財政状況は一時悪化しました。

pie-chart.jpg

その後、長期的な貯蓄計画をまとめて、1年満期の定期預金を積み立てていく方針を固めて、今月より、実行に移しました。

今現在は、米国債4倍ブル投信の買建額が大きいですが、時間をかけて、円定期預金の額が徐々に増えていく見込みです。米国債への投資の増加は当面ないのではないかと思っています。

さらに長期的に考えていきますと、株バブル終了により債券価格の上昇があり、景気後退が誰の目にも明らかになった暁には、米国債4倍ブル投信解約と、円定期解約を行って、株式投資に振り向けることになります。

そのような不況の局面がいつ訪れるのか、まだ分かりませんが、それまでは、僅かばかりの余裕資金ではありますが、積み立てて、次の株式投資のチャンスを待とうと思っています。
posted by とらのすけ at 22:19| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

競馬の馬券購入額を着実に減らしていきます(2017/02/19)

この土曜日(2017年2月18日)の馬券回収率は92%でした。

中盤戦までは苦戦していましたが、東京競馬の11Rダイヤモンドステークスで3連単を当てたことと、12Rで3連複183倍を当てられたことで巻き返して、微損で済みました。

さて、最近、自身の馬券購入額の縮小削減について言及していますが、昨日は購入額を一気に大幅削減するには至りませんでした。

1レース当たりの馬券購入額では、ダイヤモンドステークスで3連単を30点買ったのが最大。あとは15〜25点程度に抑えて、レースを楽しみました。

「(1レースあたり)ワイド3点とかで楽しめたら」というほど、容易に馬を絞り込むことはできていません。少ない点数でレースを当てることができるのなら、簡単に予算を減らせるのですが、それができないのが、私の予想力の低さなのかもしれません。

道は思った以上に険しいと感じましたが、「大きく当てる楽しい競馬」も意識しつつ、引き続き馬券購入額の削減政策を推進していきます。
posted by とらのすけ at 04:05| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都記念観戦(2017/02/12)

去る2月12日(日)に、京都記念を京都競馬場で観戦してきました。

この日の競馬成績については、特にこれといって、ブログ読者の皆様にお知らせするような話がありませんが、備忘録として、書いておきます。

旅としては、とても楽しいものでした。来月の阪神開催も、競馬場訪問を実行するつもりです。(了)
posted by とらのすけ at 03:26| 競馬場訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

競馬予算削減計画(2017/02/13)

土日(2/13と2/14)に京都競馬場で競馬観戦をして、今日になってようやく鳥取に戻ることができました。そのお話の詳細は、また別の機会にすることにします。

今回は、現在の競馬予算のお話です。

私は、3連複を中心に馬券を買っていますが、だいたいは、7頭選んでBOXにして、100倍以下のオッズの組み合わせを省く、あるいは、1頭軸を決めて、相手を8頭ぐらい選んでながして、100倍以下のオッズの組み合わせを切るというような買い方をしています。この手法で30万馬券をはじめとして、万馬券をたくさん獲ってきました。

ですが、うまくいかない、つまり、はずれが続くと、馬券代ばかりがかさみ、資金があっという間になくなってしまいます。的中率の低空飛行が続くと、資金が底をつくことになってしまうのは自明です。

ということで、馬券を買う上で、のべつまくなしに同じ点数ですべてのレースに賭けていては、どうしようもなくなってしまうということを今になって再認識しました。もう少し、「勝負レース」「難解だが、当たったら儲けもののレース」「切り捨てて見送るレース」ぐらいに分類して、取捨選択をしていかないといけないな、と思いました。

「勝負レース」というのは、「あ、これは当たりそう」というのが自ずと分かりますから、今までどおりの買い方でいいと考えます。30点くらいの点数買ってみてもいいのではないかと思います。

「難解だが、当たったら儲けものと思うレース」は、直感的には分からないが、この組み合わせで上位馬が来てくれたらという組み合わせで、10点前後の組み合わせ数でBOX買いします。

最後に、「切り捨てて見送るレース」…これは、「どう考えても1番人気馬が絡んできそう」とかいう、低配当になりそうな可能性が高いレースで、やはり「見送りするレース」はたくさん出てきてしかるべきだと思います。

賭けたい気持ちを抑えて、遊びも交え、真剣勝負のレースもやる。その硬軟使い分けをしながら、予算を減らしていくことが、今の自分には必要です。

今週末の競馬から、これを肝に銘じてやっていく所存です。
posted by とらのすけ at 19:18| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする