2016年11月30日

馬券をクレジットカードで買うこと(2016/11/30)

『JRAダイレクト』という、ネット馬券購入サービスがあります。名前だけ聞くと、「インターネットでJRAの馬券を買うサービスか」との誤解を受けかねませんが、中身はちょっと違います。

JRAのインターネットの前金制馬券購入サービスは、『即PAT』と呼ばれ、ネット経由で銀行口座から土日に資金を振り替えて、そのお金の範囲内で馬券が買えるサービス。こちらが一般的なネットでの馬券購入です。

では、『JRAダイレクト』とは何者かと言いますと、クレジットカード決済で、PC環境を使ったインターネット投票で馬券を購入できるサービスです。

『即PAT』と『JRAダイレクト』では、投票の条件が少し異なります。詳しくは、JRAの公式ホームページをご覧ください。

クレジットカードで馬券を買うことには、デメリットである「思わぬ馬券の買い過ぎ」がまず頭のなかをよぎると思うのですが、それを防ぐための様々な工夫が凝らされています。以下のような条件が存在します。

◯月額合計5万円までしか馬券が買えない。
◯投票回数は1日3回まで(1回の投票で50件まで)。

以上の条件により、ひと月の間に、全レースの馬券を買うことは、買い方によりますが、普通に競馬を継続的にやっている競馬ファンにとっては、ほぼ無理なのではないでしょうか。また、1日3回しか投票できず、1度に50件しか投票できないので、連勝式・3連勝式の馬券は買いにくいといえます。

私も、以前は3連複を中心に買っていて、その頃からJRAダイレクトを試行してみたのですが、結局毎月の限度額いっぱいまで(5万円)買っていたので、一時財政危機に陥ったことがあります。

それで、一旦はJRAダイレクトに「ダメサービス」の烙印を押しかけたのですが、私の馬券の志向が変化したため、再びJRAダイレクトを使う気になりました。

私は最近、自分の収入と支出の状況を安定化させることを優先すべく、馬券購入の金額を絞るようになりました。大幅に絞るとなると、3連複を買うことはやめなければならない、ということになり、単勝・複勝を中心に据えることとなりました。

そうなると、JRAダイレクトで多数のレースを買うことが可能となります。1頭選んで、単勝・複勝両方買っても、1レースで計2件です。

買い過ぎのリスクと、買いたいレース数馬券が買えないという問題の二つが解決できれば、クレジットカードで馬券を買うことのメリットのほうが大きくなります。

◯手元に資金がなくとも、カード請求代金の支払い日になるまでに馬券費用を用意できる見込みがあれば、馬券を買える。
◯クレジットカード決済なので、カードに付与されるポイントを、馬券を買うことで受け取ることができる。

上の二つとも、クレジットカードならではの特典なので、ぜひ活用したいところです。

私は、「馬券はすべて外れる」という前提で、馬券購入額を決め、単勝・複勝を中心にカード決済により馬券を買っています。払戻金があれば、翌月曜日にまとめてカード引き落とし銀行口座にお金が振り込まれますので、そのお金はまるまる貯金や趣味の投資、あるいは競馬場の指定席代金、または、即PATで追加的に買う馬券代にします。

そして、JRAダイレクトの馬券代金は、娯楽費として、支出に全額計上しておいて、引き落とされる、ということにしています。

JRAダイレクトは、以上のように、思った以上に活用には少々コツがいると考えたほうが良いかもしれません。私も、馬券の買い過ぎに注意しつつ、うまく使いこなしていこうと思っています。
posted by とらのすけ at 12:45| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

ブログのデザインを変えました(2016/11/29)

ブログのデザインを変えてみました(PCブラウザ版のみ)。

以前よりも幅が長くなり、大きなモニタをご利用の方などにも見やすいと思います。

Windowsをご使用の方で、F5キーを押しても、旧デザインのままだという方は、Ctrl+F5キーでお試し下さい。私もF5キーだけでは更新されませんでしたが、この方法(スーパーリロード)により、新デザインを見ることができました。

今後とも拙ブログをどうぞよろしくお願いします。
posted by とらのすけ at 16:39| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

少し余剰資金ができたので投資を再開しました(2016/11/25)

少し余剰資金ができたので、予定より前倒して投資を再開しました。

投資先は、インドベアETN(2047)と、eワラントのハンセン指数・韓国200種指数のプット型です。

インドは、ショートするのに適当な商品が少ないのですが、2047ETNが国内では唯一の低コストのインド株ショートができる商品だと思います。

ハンセン指数と韓国200種指数は、ともにトランプ上昇相場に全く乗れておらず、新興国株式の苦境ぶりを代表するような指数です。これらは、eワラントで下がると儲かるもの(プット型ワラント)が扱われているので、買いました。

ドル高で、新興国は金融政策も株式市場・債券もいずれも苦しくなってきています。ドル高がいつまでも続くとは思えませんが、米国国債の利回りが上昇の一途で、これが米国株安の引き金になった場合でも、真っ先に資金が引き揚げられるのは新興国です。米国はトランプ政権となると、本国投資法が実行されて、米国へさらにドルが還流することも予想されます。

いずれにせよ、新興国からの資金流出は継続すると見て、インド・韓国株の下落に賭けました。ハンセン指数は、元気がないので、他の2国に加えて、ついでに下落に賭けてみたという感じです。

もう投資を再開したので、12月は、収入があっても投資ではなく、純粋に貯蓄を少額することにしようかと思っています。競馬で払戻金が得られれば、それも投資か貯蓄の増額に振り向けるつもりです。
posted by とらのすけ at 00:31| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Instagram(インスタグラム)を始めました(2016/11/25)

2日ほど前から、Instagramを始めました。

Instagramは、写真にコメントを付けることのできるミニブログで、ツイッターと同じくSNSの一種です。

さっそく、私も過去の写真をコメントつきで10枚あまりアップしてみたところです。

ツイッターと同じID(umetoranosuke)で始めていますので、Instagramのサイトで検索してみて下さい。

写真がお気に召した場合は、「いいね」をいただけると嬉しいです。

更新の頻度は、それほど多くはないと思いますが、日常生活・旅行などの写真を中心に、アップしていく予定ですので、Instagramのほうもよろしくお願いします。
posted by とらのすけ at 00:10| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

明日(土曜日)は、関西へ出かけます(2016/11/11)

今日は、ニコ生をやりませんので、代わりにブログで雑記を。

ツイッターではつぶやいていますが、投資で大惨敗を喫したため、手元に残ったお金で旅に出ることにしました。

貯蓄は翌12月から徐々に行っていくとしまして、とりあえず、今月は関西に遊びに行くことに決め、明日は京都競馬場で競馬観戦を行うことにしました。

鳥取県中部地震も、余震がだいぶん終息に向かいつつあるようです。役所による家屋被害調査もしてもらったので、家の補修にも何とか目処が立ちました。

お風呂場のタイルがひび割れたり、落下したりしていますが、これは、左官屋さんに補修代を見積もってもらうことになりました。屋根の補修は今月下旬に行う予定です。その他、もともと、家が老朽化していたせいもあり、この際、直してしまいたい箇所が多数あります。

さて、明日の予定ですが、早朝に出発して、京都競馬場に到着後、夕方の最終レース時刻まで競馬場に滞在し、日帰りで鳥取に戻る予定です。朝乗車する予定の列車の空席状況を見ると、ほぼ席が埋まったようです。地震の影響は見られません。

持病があるため、旅先での服薬も忘れてはいけませんが、明日は思いきり楽しんでこようと思います。

競馬場観戦記は、明日以降、また記事にしてブログに載せる予定です。
posted by とらのすけ at 21:39| 雑感等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

投資現況(2016/11/05)

現在の投資は、くりっく株365のNYダウのショートポジションのみとなっています。

10月17日(月)に、くりっく株365を取引する証券会社をA証券のみとした後、鳥取県中部地震の被災者になるという、アクシデントに見舞われました。

被災状況・復興状況については、自分のブログになぜか書く気が起きず、daily082さんのブログ(拙ブログのリンク集から飛べます)のコメント欄を使わせていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

その最中・その後も投資を継続してきました。自宅は被災したものの、電気・通信の途絶がなかったので、相場状況の把握をスマホで行うことができ、慌てることがありませんでした。幸運だったと思います。

さて、目下の相場の状況ですが、CFTCの建玉明細によりますと、大口投機筋のダウ先物の買い越し幅が、ダウが高値を付けた7-8月頃のちょうど半分くらいに減ってきており、相場の状況が悪化してきていると見てとれます。ただ、それでも11月1日(火)現在、まだまだ大幅な買い越し状態です。

まだ相場は下がると見て、11月3日(木)に、NYダウのショートを追加しました。ボラティリティはまだそれ程大きくなってはいないので、その前に仕掛けておこうということで、追加しました。

例えば、程なくして急落が起きた場合、ポジションは追加をせず、現有のポジをそのままにしておくつもりです。反発しても、それ程大幅な反発はしないと考えていますが、大統領選挙の結果、一時的に反騰しても、逆指値にかかるまで、一時的な反発としてポジションは放置します。

証拠金維持率は220%程度で週末の引けを迎えました。その日の引けで200%以上で推移している限り、安心して眠れると思ってはいますが、相場に「絶対」は無いので、日本時間深夜・明朝も、できる限り相場を監視しつつ、適正な投資状態の維持を目指したいと思います。
posted by とらのすけ at 18:47| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする