2016年09月28日

くりっく株365NYダウの利点を生かして・・・(2016/09/28)

現在の投資先は、くりっく株365のNYダウのショートのみです。

くりっく株365(取引所CFD)には、NYダウの他、日経225・ドイツDAX・イギリスFTSE100の4つの株価指数が上場しています。

くりっく株365と一般的な店頭CFDとの相違点は、円建てで取引できることと、配当の受払い(ロングの場合は受取り・ショートの場合は支払い)があることなどです。円建てで取引できることで、長めの投資を行った際に気になる、為替差損を防ぐことができます。

NYダウは、比較的最近上場した商品です。日経225と違って、配当の受払いが一時期に集中しておらず、毎月同額程度になっていることで、ショートを長期間行いたい場合に日経よりも有利かと思います。

また、現在の日本株と違い、米国株は直接FRBのようなところが株式市場に介入しているわけではないので、マーケットの歪みが少ないですし、値動きも日経よりも比較的穏やかです。

必要証拠金も現在日経225の半分程度なので、取り組みやすいのも魅力です。

NYダウを原資産とするブル・ベア型の投資信託・ETFと比較しても、様々な利点を持っているので、それらを挙げるときりがないですが、以上のような理由で、私は日経225ではなく、NYダウのCFDをやっています。

現在の含みはマイナスですが、少しずつでも含み益が増えて欲しいと願いつつ、投資を続けています。
posted by とらのすけ at 22:29| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

なにもしなかった週末(2016/09/25)

この土日二日間は、「なにもしなかった」と言って過言ではありませんでした。

土曜日は銀行へ行って通帳記帳など。それと、「マイナンバーを通知せよ」というA証券からの封書が数週間も放置してあったので、そろそろ出しておこうかと、通知カードをコンビニでコピーして返信用封筒に入れてポストイン。それでやっと昼飯どきとなり、昼飯を食べたらすぐに昼寝。むくりと布団から出ても、まだ午後3時だったのでお菓子を食べてまた寝て、午後4時過ぎに起きたら、父親がTVを観ていたので、一緒に競馬の最終レース2つを観て、風呂の浴槽掃除をしてもまだ午後5時前。

結局、暇を潰すのが土日は大変であることを実感した土曜日になりました。

土日に朝から夕方までPCに向かってネットで馬券を買っていたときは、外れてしまった時にストレスがたまる一方、的中した時は元気になったりして、とりあえず「何かをやっていた」という気分だけはあったのですが、先週から馬券を一切買わなくなりましたので、日中の暇つぶしで別のものを考えなくてはならなくなりました。

今日、日曜日は外出する用事も済んでしまったので、PCでネット閲覧を通じての暇つぶしを模索。

今、くりっく株365を取引している証券会社Bの、取引推奨環境がWindows7で、Javaも1.6を入れないとレート表示ができないので、パソコンを買い替えて最新OSのWindows10にしたら動作しなさそう。それで、某C証券のくりっく株365のトレード画面の推奨環境はWindows10で問題ない様子。これなら、休眠状態のC証券を本格的に使った方が良いのではないか、などと考えていました。それにはメインのネット銀行も変更する必要が出てくる。

まあ、こういうことを考えられるのは、相場が止まっている時だけなので、有用な日曜日であったと言えなくもないですが、証券会社のコールセンターは平日しか動いていないので、問い合わせなどは休日はできません。

とかなんとかして、夕方のニコ生放送を終えて、これから夕食です。

土日の過ごし方、いろいろ考えなくてはいけないなと、改めて考えさせられた、この土日でした。
posted by とらのすけ at 19:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

NYダウは反落(2016/09/24)

9月23日(金)のNYダウは反落し、131ドル安で引けました。

FRBがFOMCで金利据え置きを決定した9月21日(水)の終値を割り込んでいます。

個人的には週後半はヒヤッとさせられましたが、まだ米株は下向きと捉えられる週末の結果でした。

下に示したのは、23日のダウ構成銘柄の寄与度等をまとめた表です。

kiyo-do_dow_20160923_end.png

Appleが、「案外、iPhone7は売れていないのではないか?」との観測が出て、前日までの強気の動きから一転、反落してマイナス寄与度3位。その他、金利が上がらないことで嫌気されたのか、ゴールドマン・サックスがマイナス寄与度1位でした。

話は変わりますが、明後日9月26日(月)には、アメリカ大統領選挙候補者同士による第一回目の討論会が開かれます。先日、安倍首相がクリントン候補と会談したところを見ると、どうやらクリントン候補優勢のようですが、トランプ候補の当日の発言などにも注目が集まります。

今年の9月も、残り日数が少なくなってきましたが、9月は、毎度相場にアクシデントが起きる月。まだまだ気が抜けませんので、ダウは高値を抜けられないと見つつ、下方リスクの大きい状況は継続と見ます。

日々の値動きは予想不可能ですが、来週もくりっく株365のNYダウのショートを継続します。

ラベル:米国株
posted by とらのすけ at 17:15| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資助言契約締結に伴い自身の取引内容記述が難しくなることについて(2016/09/24)

9月23日(金)のNYダウは、大幅安で引けました。

私のくりっく株365NYダウのショートも、前日比130ポイント程度プラスになりました。

さて、拙ブログでは既報の通り、私は今月から、投資顧問会社Aと株価指数関連取引での投資助言を受ける契約を結びました。

今後は、自身の取引の詳細についての記事アップがやりづらくなると思いますが、一般的な投資についての記事は、引き続き書いていこうと思っています。

引き続き、拙ブログをご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

(追記)投資助言を受ける契約を2016年11月初旬をもって終了しました。
posted by とらのすけ at 06:45| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

相場観を持たない(2016/09/20)

とあるSNSで、主宰者の方がこうおっしゃっていました。「相場観は持ってはいけない」と。

「投資家って、何かしらの相場観を持って行動するものじゃないんですか?」と思いましたが。極力相場観を排して投資に臨むことが、投資の勝利へ繋がるとその方は仰いました。

NYの海千山千の投資世界でディーラーとして生き残ってきた方がそう仰るのですから、私もそれを実行するといいのかな、と私は素直に考えました。

「この先、相場はああなって、こうなるだろう。だから今、こう投資する」・・・そういう予断を相場観と定義できるのでしょう。そして、それを持ってはいけないということだと思います。もっと踏み込んで簡単にまとめれば、「上でも下でも、どっちへでも行くはずのときに、「ああなって、こうなる」などと想像を膨らませてはいけない」、ということでしょう。

ただし、投資の世界も歴史は繰り返すものですし、アノマリーも存在します。そういうものは、個々人の相場観を超越するものとして捉えることになります。また、「流れ(トレンド)」もあります。投資の道しるべとしては、以上のようなものを活用する手があります。

私も、相場観を極力持たないという心がけを持って、相場と付き合いたいと思います。そのためになにをすべきか、考えていくことで少しずつ自分にも分かってくると思います。

posted by とらのすけ at 15:31| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

3連休最終日ですが、海外市場について(2016/09/19)

今日は、敬老の日です。最近ツイッターのタイムラインでは「老害」という言葉を頻繁に目にするようになっていますが・・・。

さて、日本は祝日ですが、海外市場は重要週初日です。FOMCと日銀がありますからね。

ダウ平均のチャートを拝借してきたので、下に貼り付けます(ストックチャーツより)

dow_20160916_stockcharts.png

直近の動きは見ての通りですが、高値継続の相場が崩れ、トレンドは下向きです。

ただ、リーマンショックのときもそうでしたが、反発も値幅が大きめなので、ショートでエントリーする際は注意深さが要求されそうです。

現在、私の保有ポジションはくりっく株365のNYダウですが、50ポイントほどプラスになっています(AM6:49)。ですが、これとて、今日の動きでマイ転するリスクもありますから、ここは、一応の高値目処を18355ドルぐらいとみて、そこまで反発しない限りは、また下へ突っ込むイメージで見ていたいと思います。下値目処は明確には持っていませんが、今週21日のFOMCもありますし、最悪17000ドル台前半も今週はありうると思っています。

今週は東京・NYとも、いかにも相場が荒れそうなので、工夫しながら、上下動激しい相場とみて、臨みたいと思っています。
posted by とらのすけ at 06:56| 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする